エラ削りの最新技術|ボトックス注射の効果とは?

徐々に持続性が高くなる

レディ

顔のエラが気になって仕方ない、という方は数多くいるでしょう。エラが張ったり、バランスが不自然になったりすると、綺麗なフェイスラインを作ることができません。綺麗なフェイスラインを保つことは、美しさの絶対条件ともいわれるほどとても重要なものです。美しい容姿を手に入れたいなら、エラの張りを改善してフェイスラインを綺麗にすることが肝心なのです。しかし、フェイスラインというものは、生まれつき形が決まっており、変えたくてもそう簡単にはできません。マッサージなどを行なっても目に見えて結果を出すのは、難しいでしょう。そのような場合には、美容外科クリニックに通ってみることをおすすめします。美容外科クリニックでは、エラの張りを改善してくれるボトックス注射という施術を行なっています。特殊な液体を体内に注入することで筋肉の凝りをほぐし、エラの張りを改善することができる画期的な施術法です。従来のエラ削り手術のように、骨を削るという怖い思いをしなくてもいいので、安心して受けることができます。骨を削るのが怖い、手間をかけずにエラ削り効果を得たい、という方におすすめの施術法となっています。

メスを入れないエラ削り手術として高い人気を集めているボトックス注射ですが、その効果はどれくらい持つのでしょうか。ボトックス注射は、施術を行なってすぐに効果が出るわけではなく、だいたい2〜3週間後くらいに現れ始めます。そして、その後だいたい半年〜1年ほど効果を保つことができると言われています。しかし、効果の持続期間にはその人の健康状態や生まれ持った体質なども関係してきますので、個人差が出るのが事実です。人によっては、1年間効果が持続したという場合もあれば、3ヶ月くらいでなくなってしまったという場合もあります。そのため、施術を受ける前にきちんと自身の体の状態を把握した上で、専門医にどのくらいの効果を保つことができるのか聞いてみるといいでしょう。しかし、何と言ってもボトックス注射の魅力は、施術の回数を重ねる度に効果の持続性が長くなることです。何回か施術を受けていくうちに、半年しか持たなかったのが2年ほど持つようになるケースもあります。安全性が高く、効果も持続するエラ削り法としてボトックス注射は、美容外科で大変人気を集めています。

TOP